MENU

  • 研究
  • 病態分子イメージングセンター
  • 質量顕微鏡のご利用について

質量顕微鏡のご利用について

はじめに

 質量顕微鏡はMALDIによる質量分析情報を二次元化して分子イメージングを行い、疾患の診断や薬剤安全性の分析に供するための画像とする装置です。従来の標識を用いたイメージング方法とは異なり、質量顕微鏡は質量で観察するため、原理的には重さのあるものを複数同時に観察することができます。質量顕微鏡を用いることで、特にこれまで局在の検出が困難であった脂質や低分子代謝物の分布や動態など、従来不可能であったものが現在解析可能となりつつあります。さらには、新しいバイオマーカー探索、疾患の診断へのトランスレーショナル研究や創薬開発につながる可能性があります。病理検体、手術標本や生検サンプルなどの解析に質量顕微鏡をご活用いただき、基礎のみならず臨床分野においても研究の発展に貢献できることを期待しております。

必要書類・手続き

綜合研究施設ホームページから予約してください。ヒトサンプルを扱う場合は倫理申請が必要です。

お問い合わせ

関西医科大学附属生命医学研究所
綜合研究施設
〒573-1010
大阪府枚方市新町二丁目5番1号
Tel: 072-804-0101(代表)
Fax: 072-804-2492
E-mail:soken●hirakata.kmu.ac.jp
(送信の際は「●」を半角の「@」に変更してください)

ページの先頭へ