MENU

  • 関西医科大学施設設備整備拡充事業資金

関西医科大学施設設備整備拡充事業資金

関西医科大学施設設備整備拡充事業資金の募集について

本学の未来のため、学生の学びのため
皆様のご協力をお願いしております。

募金趣意書

 平素より関西医科大学に対して、温かいご支援、ご協力を賜わりまして心より御礼申し上げます。
 本学は、昭和3年の創立以来慈しみ・めぐみ・愛を心の規範として生きる医人を育成することを「建学の精神」とし、自由・自律・自学の学風のもと、学問的探究心を備え、幅広い教養と国際的視野を持つ人間性豊かな良医を育成することを「教育の理念」として多くの医師を世に送り出し、社会に大いに貢献してまいりました。
 昨年に引き続き、英国の教育専門誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)」が実施・集計した世界大学ランキング2021において、国内では国公私立の総合大学を含めて14位、関西地区では京都大学・大阪大学に次ぐ3位となりました。これもひとえに皆様方のお力添えの賜物と感謝いたしております。
 施設設備の整備につきましては、この4月にリハビリテーション学部が開部し、医療系複合大学として新たな発展の道を歩み始めました。12月には国際交流センターと留学生および患者家族用宿舎の機能を備えたタワー棟の竣工、令和4年には附属病院の別館建設を開始、その後本館のリニューアルを目指しております。3つの学部との相乗効果により、今まで以上に教育・研究の発展と公共の健康・福祉に寄与してまいります。
 また、研究面における特筆すべき整備計画として、来年の4月にNIH/NCI(アメリカ国立衛生研究所・国立がん研究所)の主任研究員小林久隆先生を招聘し「関西医科大学附属光免疫医学研究所」の開所を予定しており、本学の長年の構想であった「その領域で、世界でonly oneかつnumber one」の実現も目前に近付いてまいりました。
 昨年は新型コロナウイルスの感染拡大という未曽有の脅威にさらされ、経済、教育、生活様式、さらには価値観まで影響を及ぼしましたが、Adversity makes a man wise(逆境は人を賢明にする)と言われますように、本学の更なる発展に向けて立ち止まらずに前進してまいります。
 日本をリードする医科大学を目指し、教育・研究・診療の万全な整備に向けて本年度も別添のとおりご寄付の募集をさせていただくことになりました。この趣旨をご理解いただきまして、何卒ご支援、ご協力賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

募金要項

1.募金名称

「関西医科大学施設設備整備拡充事業資金」

2.募集主体

学校法人関西医科大学

3.募集目的

医学、看護学、リハビリテーション学の教育・研究・診療の施設設備の整備・拡充

4.募集対象

同窓会会員、本学学生の保護者、教職員、本学関連の個人および法人

5.募集期間

2021年4月5日~2022年3月31日

6.申込み方法

寄付申込書に所定事項をご記入ご捺印のうえ、募金室宛にお送りください。

7.払込方法

・銀行振込
  三菱UFJ銀行 守口支店   普通口座 1312088 学校法人関西医科大学
  りそな銀行   守口支店   普通口座 588884  学校法人関西医科大学
 
・持参

寄付者のご芳名掲載・掲額等について

寄付者ご芳名の掲載

ご芳名のみを本学広報誌に掲載させていただきます(匿名をご希望の場合は除きます)。

寄付者の顕彰

募集期間内に総額500万円以上のご寄付をいただいた方には、感謝状を贈呈いたします。

寄付金による減税措置のご案内

当寄付金につきましては所得税または法人税の減税措置を受けることができます。
大阪府にお住まいの方は府民税減税対象となります。
(大阪府と住所地の市町村に住所・氏名・寄付金額・寄付金受領日を提供いたします。)

お気軽に下記連絡先までお問い合わせください

 関西医科大学 法人事務局財務部募金室
〒573-1010 大阪府枚方市新町2-5-1
TEL:072-804-2146(直通) FAX:072-804-2344
E-mail:bokin@hirakata.kmu.ac.jp

ページの先頭へ