MENU

  • 【学生各位】今後の授業について(6/19更新)

在学生・保護者 2021年6月19日

【学生各位】今後の授業について(6/19更新)

 大阪府への緊急事態宣言は、6月20日に解除されますが、引き続き7月11日までの期間、まん延防止等重点措置が発出されることになりました。ついては、6月21日(月)以降の授業対応は次のとおりとします。各学部、各学年により対応が異なりますので、留意ください。詳細は、各学部の事務室から通知します。

 また、今後の状況によっては変更することも想定されますので、大学からのKMULASやメールによる通知に注意してください。
 

授業(講義、演習、実習を含む)

【医学部】(変更ありません)

<6月1日(火)~6月11日(金)>
これまでの授業形態を継続する。

<6月14日(月)以降>
1~4学年は、対面授業と同時配信の遠隔授業を併用する。
5~6学年の臨床実習は、原則、全面対面授業(附属病院での実習も含む)とする。

【看護学部】

 1~2学年は、原則、対面授業と遠隔授業を併用する。
 3~4学年は、一部の科目は遠隔授業とし、演習科目及び実習科目は原則、対面授業とする。
 

【リハビリテーション学部】

 1学年は、原則、対面授業と遠隔授業を併用する。

医学研究科・看護学研究科(変更ありません)

講義は、遠隔授業を継続する。実習、実験及び研究については、指導教員、指導教授の管理下において制限を設けるものではありませんが、状況の変化に応じて、指導者と相談のうえ、適切な行動を取られることを要請します。

試験(変更ありません)

【全学部共通】

対面で通常の試験を実施する。

その他(変更ありません)

6月14日(月)以降の医学部5・6学年の病院見学は、可とします。
6月14日(月)以降の医学部研究医養成コースの研究活動は、可とします。



ページの先頭へ